• 故人を偲ぶ

    ・・・2016年04月17日更新

    私が花屋の世界に足を踏み入れたのが今から約20年前。

    当時、最大5店舗を展開する花屋だった。

    花の引き売りからスタートした創業者の吉川氏は百貨店とのテナント契約を足がかりに事業を拡大。

    花屋の枠を飛び越え、造園、土木、建築の分野で会社を大きく成長させていった。

    私が入社した頃、すでに花部門の運営は現場に任せており、時折ふらっとお店に顔を出すくらいだったが、その小柄な体とは裏腹に「昭和の大社長」を感じさせた。

     

    その吉川氏が亡くなった。

     

    眼鏡の奥のギラギラと鋭い眼光は相手の心を見透かし、萎縮させる反面、笑うととても優しく、不思議な安心感があった。

    決断が早く、常に我々のはるか先を走っている印象。

    怒ると何を言っているのか聞き取れない。聞き返すな。感じろ。

    いつでも開けっ放しの社長室には立派な椅子や豪華なソファーがあるのに、いつ訪れてもカーペットにあぐらをかいている。「おぅ!ちょっとここ座れ!」

    常に将棋の盤がカーペットに鎮座しており、訪れる4回に1回は誰かと指している。(決断力はここで磨くのか?)

    うどんが好きで、初めて「甚五郎」に連れていって頂いたのは社長である。

    タバコも大好き。咥えると誰かがすかさず火を点ける。

    豪快。宴席で店員さんを呼ぼうとした私の後ろから「パーン!パーン!」と大きな柏手。「はーい!ただ今!」と店員さん。「これでいいんだよ」とニッコリ社長。

    自身で花を売っていた時代、なかなか売れない盆栽の向きを180度変えたらすぐ売れた。「そういうことだ!」とドヤ顔の社長。社員全員、100回は聞きました。

     

    入社して3年たった頃、いつものようにフラッと店を訪れた社長に近所の喫茶店へ呼びだされた。

    「配置換えだ!これからお前が全店仕切れ!やるんだ!」

    頼んだアイスコーヒーは最後まで喉を通ることはなかった。心を映す鏡のように、じわじわと汗をかくアイスコーヒーがそこにあった。今でも鮮明に憶えている。

     

    思えばこの出来事が人生の岐路であり、その後の貴重な経験が私の花屋経営の礎であったことに間違いは無い。

    だからこそ社長には(文句もちょっとはあるが)とても感謝している。

    退職して約15年、久々の対面がよもやこのような形になるとは思いもしなかった。

    どうか安らかに。

    あなたの子達で花屋オーナーが何人も生まれました。

    そしてその成功こそがあなたへの最大の恩返しと、日々精進していきます。

    IMG_0364

Contact
Gallery
Facebook
twitter
  • カレンダー