Shop Blog
Shop Blog
  • 生産者紹介:鈴木花卉園

    ・・・2015.12.15更新

    <facebookからご覧いただく方へ:システム上、画像が1枚しか表示されないため、文脈と画像の整合性がとれません。恐れ入りますがfacebookからご覧になっている方は本分の最後にあるURLからホームページへお越しください>

     

     

    千葉県は南房総より鈴木花卉園さんに訪店いただきました。川越市場の佐々木くんも同行です。遠路はるばるありがとうございます!

    鈴木花卉園さんはカーネーションを中心にケイトウやジニア、テマリソウなども手がけており、のはなへは今月から来年の6月くらいまで、鈴木花卉園さんの手がける31品種のスタンダードカーネーションの中から「おまかせ10品種」を毎週出荷して頂ける事になりました。

    鈴木花卉園さんのカーネーションにおけるコンセプトに「艶感」というものがあるのですが、他の産地のカーネーションと見比べると、確かに艶っぽさが際立っているのが分かります。

    また少量多品種で出荷して頂けるため、ブーケやアレンジメントなど、様々な色合わせのニーズに対応できるのも魅力です。

    さらに日持ちも抜群で、お客様に自信を持ってお勧めできます。開店祝のスタンド花に使用して、2週間後の引き取りの際、葉物以外で唯一生き残っていたのが鈴木花卉園さんのカーネーションでした。

    IMG_1849

     

    代表の鈴木さんは小売店や市場、同業者の隔てなく、遠方まで出向き、色々な声に耳を傾けて色々とチャレンジしていくスピリットの持ち主で、本日は色々なお話しをさせていただきましたが、共感と感心の連続で、とても良い時間を過ごすことができました。鈴木さんとのコネクションを開拓した佐々木くんにも感謝です。

     

    <おまけ>

    鈴木さんよりお土産をいただきました。

    鈴木花卉園ブランドのTシャツとステッカーです!

    すごいぞ鈴木花卉園!

    ありがとうございました!

    IMG_1850

  • とある菌のお話し

    ・・・2015.12.02更新

    先日、川越でバラの生産をされている内田さんに訪店いただきました。切り花を扱う生産者さんや我々花屋の天敵、花を腐らせるカビ菌、通称「ボト」といわれるボトリチス菌の発生原因や感染ルート、予防について熱く語り合いました。

     
    ボトリチス菌は梅雨や秋雨の時期など、湿度の高い時に発生し、蔓延のスピードも速いので、すごく気を使います。
    内田さんのハウスでもすごく気を使って栽培していますが、やはりたまに症状が出てしまうバラもあるそうです。そんなときは被害が広がらないよう、ひいては我々花屋やエンドユーザーの信頼のために、やむなく処分するそうです。
    内田バラ園さんは市場へバラを持ち込む際、市場の保冷庫の湿度を測ったり、その日の環境に応じて常にベストを模索しています。
    しかしながらここまで徹底しても、バラを買い付けた花屋さんがお店でいい加減な管理をすればボトリチス菌はあっという間に発生、繁殖してしまいます。そうなんです。ボトリチス菌は我々の身の回りに普通に存在する菌なんです。
    お店の管理がいい加減なために発生したボトリチス菌なのに「あの人が作ったバラはすぐシミが出るね」という花屋さん達の話を聞くと、一生懸命頑張っている生産者さん達がとても気の毒に思えます。と、同時にバラをお買い上げいただくお客様にも、我々が知りうる限りのボトリチス菌対策をお教えしなくてはならないことを思い知らされます。
    世の中にはボトリチス菌が出ていても出荷する生産者、発生した花びらをむしって売ってしまう花屋さんもいます。背に腹は変えられないのは分かりますが、その被害を受けるのはお客様であり、それによりしっぺ返しを喰らうのは紛れもなく自分達なんだということを考える今日この頃です。

     

    退屈な話題なので次に明るい話題

     

    結婚記念日にお花を贈る男性は多いですが、年を重ねるごとにバラの本数を増やしていき、とうとう結婚30周年で赤バラ30本を贈るというまるで映画のようなお客様からのご予約をいただきました。

    おそらくここ十数年はすごい出費!なんて下世話なことを考えてしまいますが、だからこそ最高品質の赤バラを御用意しなければと思います。

    内田バラ園さんに相談した結果、選ばれた赤バラがこちら

     

    「ミルナ+」

     

    image1 (4)

    名前の横に「+」マーク

    はいオランダはLEX+社のバラですね。

    ほんのりウェーブがかった花弁がとてもエレガントで、発色もとても良かったです。

    どうかお客様のご自宅で「ボト」が出ませんように。。。

  • 切花入荷情報

    ・・・2015.11.24更新

    ダリア:カゲボウシ

    007

    直径で20cmはありますね。

    力強い印象で、まさに「咲き誇る」という感じです。

    見ていてホント飽きません。

    売れて欲しいような欲しくないような、複雑な気持ちが芽生える稀な花です。

  • 明日は発表会♪

    ・・・2015.11.21更新

    もうすぐ日付が変わりますが・・・(笑)

    たくさんのご注文ありがとうございました!

    多くのお客様にご予約を頂いたことで、クオリティを落とさず、丁寧にお作りすることができました。

    フラワーギフトでのはなをご利用頂くお客様は、是非ご予約をおすすめいたします。

    明日も駆け込みのご来店があると思うと少々不安です。

    なにしろ花が無い・・・

    image1 (4)

  • ぶらり横浜

    ・・・2015.11.12更新

    ショップが定休日の水曜、とある仕事で横浜へ行ってきました。

    思ったより早く終わり、時計を見ると13:00

    笠井さんと相談し、少し足をのばして中華街へ行くことにしました。

    003

    中華街といえば肉まんでしょう!

    肉まんといえば「萬珍婁」じゃないか?

    ということで早速向かいました!

    じゃーん!デカイ!

    004

    ぱかっ!

    005

    うまい!

    お土産に小籠包を買い、中華街を後にしました。

     

     

    そして近場に「ディスプレイミュージアム」があったのを思い出し、刺激を求めてやってまいりました!

    007

    こちらはプリザやドライ、シルクや資材などがとても充実したお店で、店内ではクリスマスやお正月の材料などが所狭しと陳列されていました。

    お稽古の先生なのか、それっぽい女性のお客さんが買い物カート満載で、レジに長蛇の列ができていました。

    のはなでも早くクリスマスリースを作らねば・・・そんな意味でとてもいい刺激になりました。

  • 切花入荷情報

    ・・・2015.11.10更新

    久しぶりに心奪われたバラに出会ったのでご紹介します。

    006

    「アルーチェ+」

    作出はオランダのLEX+社です。

    バラの品種名の最後に「+」マークが付いているものは、全てこのLEX+社で管理された品種です。

    日本では滋賀県の國枝バラ園さんが独占販売権をもっています。

    今回のはなに入荷したこのバラは、地元埼玉は深谷で切花生産をされている河田ばら園さんの生産品です。

    水耕栽培が主流のバラ業界において、土耕栽培にこだわる生産者さんで、のはなでも「ブルーミルフィーユ」や「バニラスカイ」などの品種でお世話になっています。

    20年くらい前に生まれて初めてバラ農家さんを訪れたのが河田さんちでした。

     

    心奪われた理由がこちら。

    この小さく細身なツボミが驚きの開花を見せます。

    001

    じゃーん!

    見事な花形!直径は約14cm!

    入荷2週間という時間を感じさせない「張り」があります。

    お客様にはぜひ、ご自宅用にお買い上げいただきたい品種です。

  • サンプルいただきました

    ・・・2015.11.10更新

    以前にもご紹介しましたマイクロカーネーション「ラフィーネ」が安定的に入荷するようになりました。(過去記事はコチラ

    植物の生育に最適な気候となり、以前にくらべ格段にボリュームもでてきました。

    今週入荷したラフィーネがこちら。5種類入荷しました。

    004

    撮影用に1本づつ活けてみました。花色、花形どれをとっても魅力的ですね。普通のスプレーカーネーションでは絶対に咲かないような小さなツボミも、順番にしっかり咲いてくれるので、トータルですごく長持ちな印象です。

     

    今回のラフィーネ、新潟県でユリをメインに生産されている松井さんという方の生産品です。ラフィーネは試作品も含め、品種が驚くほどたくさん存在し、品種ごとに特性も異なるため、生産の苦労も計り知れません。

    そんな松井さんから市場の担当者へ、ラフィーネのサンプルが届きました。

    品種名「ロウ」

    花持ち「抜群」

    花色が変化する

    しかし長さとボリュームがでない

    苗は今後生産中止?

    というコメントが添えてありました。

     

    サンプルなので、取り合えずガーデンで収穫した草花と一緒に活けてみました。

    005

    冗談ではなく、切花なのに本当にこの草丈しかありませんでした。

    うーん。。。ちょこっと一輪挿しにはちょうどいいかな??

    もしくはポット苗にしたらちょうどいいサイズですかね。

    しかし営利切花用の株でしょうから、園芸苗に転用も出来ないだろうし、なんか上手な二次利用の仕方はないだろうか?と一人で考えている今日この頃・・・

     

     

    <facebookからの閲覧ですと画像が1枚しか表示されないため、文脈と画像の整合性がとれません。恐れ入りますがfacebookからご覧になっている方は本分の最後にあるURLからホームページへお越しください>

  • クリスマス雑貨

    ・・・2015.11.08更新

    ハロウィンが終わると花屋さんは一気にクリスマスモードになります。
    のはなの雑貨コーナーにもクリスマス商品がお目見えです。
    002
    雑貨バイヤーの笠井さん、今年のオススメは「クリスマスリース」だそうです。
    いずれも数に限りがございますのでお早めに♪

  • これぞ品評会

    ・・・2015.11.07更新

    のはな1周年イベントではたくさんのお客様にお越し頂きありがとうございました。
    2年目も真面目に頑張りますので宜しくお願い致します!

     

    さてイギリスはロンドンで開かれるウィスキーの世界一を競う大会、WWA(World Whiskies Awards)で、ここ数年、日本のウィスキーがウィスキーの本場を黙らせているのはみなさんもご存知でしょうか?
    この大会、何がすごいかというと「ブラインドテイスティング」すなわち銘柄を伏せての審査であるということ!単純明快、うまいと思ったウィスキーがNo.1なのです。銘柄で味が変わるといった誤魔化しなど一切無し、これぞ品評会ですね。
    なぜ唐突にこんな話題を持ち出したかと言うと、先日、植物の買い付けに「鴻巣花き市場」へ訪れたときのこと。
    005
    まさに品評会の設営真っ只中、この日のために最高に仕上がった植物たちが鎮座しております。
    ここまではよくある光景なのですが、今回なんと出荷者の名前が伏せられているではありませんか!
    この素晴らしい試みにちょっと涙がでました。

    考えてもみて下さい、かつて「へたくそ」の烙印を押され、市場では買い叩かれもしたが、精進していい商品を作れるようになった生産者や、実績のない若い生産者などにとっては、その腕と名を知らしめる絶好のチャンスなわけです。
    一朝一夕で成しえることではありませんが、これで「名生産者」と呼ばれる方達もうかうかしていられない状況となり、良い意味での競争が始まると思うわけです。

    それでは素晴らしい花苗たちをご覧ください。

     

    おやおや競争力のありそうなこちらの商品は・・・
    009
    ひと鉢に異なる種を蒔いて仕立ててありますね。
    このスタイルは数年前からひっそりとブームです。
    おや?こちらはアルテナンテラとユーフォルビアですね・・・
    006

    そして、おや?こちらは・・・
    007
    コプロスマ好きにはたまらないアソートですね。
    のはながある狭山市からは鴻巣まで1時間以上かかるので、もっと近ければなぁと訪れるたびに思います。
    <facebookからの閲覧ですと画像が1枚しか表示されないため、文脈と画像の整合性がとれません。恐れ入りますがfacebookからご覧になっている方は本分の最後にあるURLからホームページへお越しください>

  • あっというまの1年でした

    ・・・2015.10.30更新

    昨年の11月にオープンしたのはなは、みなさまのおかげで無事に1周年を迎えることが出来ました。この場をお借りして感謝申し上げます。
    昨年の10月といえばオープンに向けてお店作りに勤しんでいたんですね。
    店内をどうするか?こんなガランとした中で青写真を描いていたのを昨日のように思い出します。
    IMG_0011
    夫婦ふたりと、お互いの両親の力も借りて今ではすっかりお店らしくなりました。
    天井の塗装をした翌日は全身筋肉痛もなりました(笑)エアコンの掃除以外はほとんど自分たちでやったので思い入れもひとしお・・・
    004
    外の売り場作りも暑い中頑張りましたね~
    草むしりや木の剪定、意外にもみんなで楽しく作業してました。
    IMG_0018
    丸見えだったプレハブの前にフェンスを建てたら感じが良くなりました。クレマチスを這わせてさらに雰囲気をよくしようと、植えてはみたものの土壌が硬いせいか?なかなか成長してくれずガッカリ・・・
    002
    手探りの中で駆け抜けた1年、初心を忘れず2年目に挑みます。
    その前にみなさまへ感謝の気持ちを込めて「のはな1周年記念イベント」まもなくです!
    008

Contact
Gallery
Facebook
twitter
  • カレンダー